矯正治療って

2017年04月18日

矯正担当の加藤です

先日のブログで秋山先生が
幼少期に受けた矯正治療と、矯正医のかっこよさに惹かれて歯科医師を目指した
とういう内容をブログに書いておりましたので、矯正医としてブログを書きます。

そもそも矯正治療はなぜ保険が効かないのか?

誤解を恐れずに申しますと、生きる上で絶対必要なわけではないからです。
歯並び悪くてご飯食べることができない人って、滅多にいませんよね。

じゃあ必要ないの?

絶対に必要なわけではないけど、やったらより良いもの。

そのように私は思っています。

もちろん、最終的なゴールは機能的にも、見た目にも良い噛み合わせです。

けれども、
今までコンプレックスに思っていて、口を開けて笑えなかった人が
思い切り口を開けて笑える。自分に自信を持てる。

そんな所にお手伝いできるのが
私達矯正医のやりがいであり、楽しみな所です。

とはいえ

ホワイトニング、白い詰め物といった自費診療だけでなく
虫歯治療、入れ歯といった保険診療も
方法が違うだけで、私達歯科医師の思いは一緒です。

来院していただいた皆様に
歯科医療を通じて
その先にある
素敵な未来へのお手伝いがしたい

そのような所でしょうか。
ちょっとクサイですかね。

長くなったので、今日はこの辺で。