たまには矯正の話でも。

2018年04月11日

こんにちは。

矯正担当の加藤です。

たまには矯正治療の話でもしたいと思います。

 

矯正治療は何歳からできるの?成人矯正は何歳から?

といったお話をよく聞きます。正確にいえば「何歳」というはっきりとした境目があるわけでは有りません。

それは成長、歯の生え変わり等によるからです。

とは言え、だいたい平均プラスマイナス1年以内に収まることが多いので、目安としては

小児矯正(Ⅰ期治療)は6,7歳〜12歳

成人矯正(Ⅱ期治療)は 13歳〜

です。

小児矯正は成長と永久歯のスムーズな生え変わりを誘導する意味合いがあるので、治療開始は早ければ早いほど良いですが、早すぎても装置を上手に使えるか等の問題もあります。

よって、目安としては小学校1年生以降が望ましく、治療開始となる場合が多いです。

逆に、成長と永久歯の生え変わりが終わりに近いほど治療の効果が少なくなってしまいますので、治療開始できるのであれば10歳ぐらいには始めていたい所です。

 

「うちの子5歳だけど受け口が心配だわ」

「11歳だから小児矯正できないのかしら?」

なんて思った時は、ぜひご相談ください。

治療開始時期も含めて相談させていただきます。

 

ここまで書いて、ふと思いましたが小児科って何歳まで通えるのでしょうかね?

ある年齢で普通の内科を勧められるのでしょうか?

今度、娘の担当の先生に聞いてみます。

自分の専門外は意外と知らないもの。

歯並びのご相談は是非専門家に!