第三回 歯を失ったらどう治すの?

2019年04月07日

第三回 歯を失ったらどう治すの?

第三回は
残念ながら歯を抜歯せざるを得なくなった場合では、その失った部分をどう治すか?です。
方法はケースによりますが大きく4つあります。
一つはインプラント。
骨の中に人工の歯根を埋め込んで歯を回復します。骨がないとできなかったり全身状況に応じてもできなかったり制限はありますが、
オペが可能な場合は隣の歯などを傷つけずにすみよい方法です。

二つ目は部分矯正。
親知らずがあればそれを動かしておしまいにするといった方法があります。
失ってしまった歯の部位、本数で適応かどうか大きく制限がありますが、これも可能な場合はいい方法かもしれません。

三つ目はブリッジ。
その名の通り橋わたしをします。
隣の歯を削り型をとり、連結されてできあがった人工の歯を接着剤で強固に削った歯につけて完成です。
削るというリスク、フロスが入らないなどありますが、かみごたえ、違和感はほとんど感じない方が多いです。

四つ目は入れ歯。
歯をほとんど削らなくて済むというメリットがあります。噛みごたえ、咀嚼能率は他と比べると劣ってしまいます。
取り外すことが必ず必要になります。
お手入れが苦でない方は既存の歯を傷つけないのでよい方法かもしれませんね。

簡単ですが今回はここまでで、
また機会がありましたらひとつひとつ掘り下げた内容で書いてみたいと思います。